会社概要

北京銀龍知識産権代理有限公司(以下「銀龍」といいます)は、中華人民共和国主管部門の認可を受けて、1998年に設立した渉外専利代理機構です。銀龍は、北京本社のほかに日本(東京)・アメリカ・ヨーロッパ・河北省 廊坊市、湖南省 长沙市、苏州市にブランチを設けています。20年弱の発展を経て、クライアントは世界中に広がっており、世界500強企業の有名企業が数多く含まれています。また、数十もの国や地域における多数の大手企業および著名な特許・法律事務所とも長年良好な協力関係を築いてまいりました。現在に至っては、専利(特許・実用新案・意匠)・商標・著作権・ドメイン名等の知的財産総合サービスを提供する著名な特許法律事務所のひとつとなり、知的財産権に関するグローバルサービスの提供をおこなっています。今現在、弁護士、弁理士および訴訟弁理士、商標弁理士、特許技術者、並びに事務職員などを含む300名余りの社員を抱えています。

銀龍の創設者は、「中国専利法」及びその実施細則、「専利審査基準」の起草、制定に参加しており、中国で長年にわたり評価の高い知的財産権専門家です。銀龍のパートナーは、ベテランの弁護士・弁理士・商標代理人・訴訟弁理士であり、豊富な代理・訴訟経験を有しています。そのうちの大半は、海外で知的財産権を学んだ経験や外国事務所での研修や勤務経験があり、国内外のクライアントのニーズを十分理解したうえで、専門的な法律サービスを提供しています。

銀龍の専利(特許)グループは、高度な専門技術、法律知識、豊富な経験を兼ね備え、長年の仕事の中で国内外クライアントから高い評価をいただいています。その技術分野は、電子・電気・半導体・コンピューター・通信・自動制御・機械・物理・バイオテクノロジー・化学工業などにわたっています。

銀龍の商標グループは、国内外の商標に係る複雑な案件を多数取り扱った経験があり、確かな基礎知識と豊富な代理経験を有し、コミュニケーション能力にも優れています。商標弁理士の多くは、法律専門学位を持ち、商標法及び知的財産権に関する法律の研修を定期的に受けています。

銀龍の所員は、中国語・英語・日本語・韓国語・イタリア語などの多言語で国内外のクライアントと直接コミュニケーションをとり、高品質なサービスを提供しています。

所員全員が「誠実、厳格、高品質」の原則をもとに、総合的・継続的な知的財産権サービスを提供し、一流の知的財産権サービス機構になれるよう努力していく所存です。