業務分野

専利業務

専利業務

専利(特許・実用新案)代理業務は、銀龍の最も基礎的・核心的な業務であるとともに、最も優位性のある業務でもあります。銀龍の弁理士及び特許技術者の多くは、国内外の企業にて機械・電気・化学などの各技術分野における業務に従事した経験を有しています。具体的な分野としては、電子・通信・電気・半導体・コンピューター・自動制御・工業機械・建設機械・日常用品・分析機器・医療機器・生物工学・医薬・化学材料・高分子・化学工業などが挙げられます。

More

商標・意匠業務

商標・意匠業務

商標・意匠業務は、銀龍サービスにおける重要且つ優位性の高い部分です。銀龍は2003年より商標業務を開始し、豊富な経験を積み重ね、優れた案件処理能力を有しています。2015年からは、商標部門と意匠部門が合併し、新たに商標意匠部を設立することで、クライアントにより良質なサービスの提供を目指しています。 

More

その他の知識産権業務

その他の知識産権業務

専利(特許・実用新案・意匠)、商標を除くその他の知的財産権業務は、銀龍サービスの中で重要で且つ優位性の高い分野です。当該業務には、知的財産権税関保護登録、コンピュータソフトウェア登録、著作権登録、著作権侵害の司法訴訟及び行政処理、営業秘密、商品包装、不正競争案件の代理、集積回路レイアウト設計登録、ドメインネーム登録および紛争解決が該当します。 

More

銀龍の特色サービス

知的財産権研修

知的財産権研修

銀龍は、北京市関連主管部門に最初に指定された北京市知的財産権サービス機構のひとつです。『北京市知的財産権サービスブランド機構育成方法』により、知的財産権研修に関する活動を積極的に行い、北京市の実情および政策の指導に応じて、優秀な代理機構とプラットホームを作ることにより、資源の統合および価値向上を実現しました。

More


無効訴訟

無効訴訟

法律部は、知的財産権に関する無効審判、訴訟などの案件を専門に取り扱う部門です。当該メンバーの専門分野は、機械・設備・化学・医薬・通信・電子・自動化・化学工業などにわたり、無効請求、無効応訴、無効行政訴訟、復審(拒絶査定不服審判)行政訴訟、権利侵害訴訟、上訴、権利所属紛争訴訟、強制執行などを担当しています。 

More


企業知財コンサル業務

企業知財コンサル業務

銀龍は長年にわたって国内外のクライアントに最高品質の知的財産権サービスを提供できるよう努め、豊富な経験を積み重ねてきたとともに、多くの知財専門家を育て、専門的なグループを作ってまいりました。これと同時に特許調査分析および警告サービスにおいては、複数の異なる種類の特許調査分析ソフトを有しており、具体的な状況に応じて異なる調査分析ソフトを利用することで、クライアントにより専門性の高い知財コンサルサービスを提供いたします。

More


PCT国際出願及び外国出願

PCT国際出願及び外国出願

銀龍は創設時から渉外案件代理資格を有しており、PCT国際出願および中国以外のその他の国や地域への出願に関し、豊富な経験があり、既に数千件ものPCTおよび外国出願(欧、米、日、韓、香港、マカオ、台湾、インド、ロシア、イスラエル並びに東南アジア各国などを含む)を代理しました。近年、これらの取扱件数はますます増加傾向にあります。 

More

服务优势

銀龍サービスの優位性

高品質

国内外の優秀な人材を多数集めることで、言語及び技術面で優位性を確立し、各案件の技術内容に対する正確且つ深い理解を保証できるとともに、関連法規を適切に運用することができ、さらに厳格な品質検査システム及び管理ソフトウエアを併せて用いることで、ミスを防ぎ高品質で正確なサービスを提供することができます。

全体:

銀龍の技術者及び法務スタッフは、企業や法律特許事務所での豊富な業務経験を有しており、クライアントのために、調査分析、出願、訴訟から権利保護にわたる総合的なサービスを提供することができます。

個別化:

クライアント毎のニーズに応じた管理を行います。それぞれのニーズを正確に理解した上で、管理を徹底することで、クライアント毎に異なる様々なニーズを満たすことができます。